食道・胃内視鏡検査

インターネットからの予約

内視鏡専門サイト ちとせ台内科クリニック

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

ちとせ台内科クリニックブログ

鼻から.jp

公立学校共済組合 関東中央病院

胃がんの現状


胃がんは、胃の内側の粘膜から発生する悪性腫瘍で、世界的にみて日本人に非常に多いがんです。そのことにより日本の胃がん研究が進み、診断レベルと治療成績の向上は大変進んでいるといえます。


国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、わが国での生涯で胃がんにかかるリスク(2005年データ)は、男性で9人に1人、女性で18人に1人、胃がんで死亡するリスク(2009年データ)は、男性で24人に1人、女性で51人に1人と発表されています。


早期診断と治療法の進歩により、胃がんによる死亡数は年々減少していますが、部位別死亡数では男女とも肺がんに次いで第2位。今もなお、死亡者数の多いがんです。

40歳からが要注意です!


初期の胃がんには、特有の症状はありません。
定期的に胃がん検診を受けて、早期発見に努めることが大切です。
一般的には、男女ともに40歳以上は年に1回、胃がん検診を受けることがすすめられています。

当院では苦痛の少ない鼻から入れる内視鏡も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

食道・胃内視鏡検査(通称:胃カメラ)とは


胃がんをはじめ、食道・胃の疾患を調べる有効な検査の食道・胃内視鏡検査は通称「胃カメラ」とされています。
内視鏡を鼻や口から挿入し、先端についている超小型のカメラで胃の様子を画面に映し出して検査を行います。

内視鏡は非常に細いので、苦痛も少なく検査を受ける事ができます。今までの経験を生かし、丁寧でやさしい診療を行っていきます。

胃カメラ検査でわかる疾患は?


上部内視鏡検査、いわゆる胃カメラは、胃がん、食道がん、十二指腸がんといった悪 性腫瘍などの他に胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃ポリープ、十二指腸ポリープ、逆流性食道炎といった良性疾患の診断・検査に有効です。


こんな症状があったら検査をおすすめします

・胸やけ
・呑酸(酸が込み上げる)
・げっぷ
・胃もたれ
・胃の痛み
・吐き気
・食欲低下
・体重減少


検査の重要性


内視鏡検査は、食道や胃の病気の早期発見に有効な検査方法のひとつとして重要な役割を果しています。
内視鏡検査は、過去に辛くて苦しいと体感された方もおられると思いますが、現在の内視鏡技術は格段に進歩しています。
苦痛も少なくより精密な検査を行う事が可能となっています。

鼻から入れる胃カメラ


口からの胃カメラ検査はのどの奥にある舌のつけ根に内視鏡が触れるため、吐き気をおこす場合があります。
鼻から入れる胃カメラでは内視鏡が舌のつけ根に触れずに食道に入って胃に到達しますので、吐き気をほとんど感じることなく検査を受けることができます。

消化器内視鏡専門医による診療


消化器内視鏡専門医とは5年以上の指導施設での研修、内視鏡検査の診療実績、日本消化器内視鏡学会が実施するセミナーを定期的に受講し、専門試験に合格した内視鏡検査のスペシャリストです。

ちとせ台内科クリニックでは経験豊富な消化器内視鏡専門医によるやさしく・ていねいな診療を提供します。


ちとせ台内科クリニック 内視鏡専門サイト

内視鏡検査の流れ


内視鏡検査は、原則として一度外来受診、診察いただき、検査日時をあらかじめご予約いただいた上で、
後日検査を受けていただくことになっております。


◆診察


1.受付(新患申込書・問診票記入)

受付や看護師の指示に従ってご記入下さい。分からない事などございましたら、お気軽にお尋ね下さい。


2.問診

内視鏡(胃カメラ)検査を行う事前チェックとして担当の看護師が問診を行いますので、質問にお答え下さい。
また、検査前処置や検査方法など、検査完了までの流れを説明します。なお、検査を受けていただく前に必要な感染症検査の採血などもあわせておこないます。


3.診察

院長が診察を行います。
現在の状態や症状などの診察をさせていただき、検査を行うにあたり問題がないかを確認します。

◆検査当日


1.検査前処置(経鼻内視鏡の場合)


(1) 鼻腔を広げる薬を散布します。
(2) 消泡剤を飲みます。
(3) 鼻に麻酔を塗布します。
(4) 麻酔のついた細いカテーテル(チューブ)を鼻に挿入し、通りをよくします。


2.検査

内視鏡(胃カメラ)検査を行います。力を抜いて楽な姿勢で受けて下さい。
検査は5~10分で終わります。
実際の胃や食道などの状態を、モニターなどで説明しながら御覧いただくことも可能です。


3.検査終了後

検査が終わって身支度を整えたら、看護師より検査後の注意事項の説明があります。
ご気分が悪い時は、すぐ看護師にお伝えて下さい。


4.検査結果説明

院長より、内視鏡検査の実際の画像をご確認頂きながら、検査結果の説明を行います。
なお、組織検査などおこなった場合には、後日(2週間程度後)に改めて外来にて結果報告させていただきます。


内視鏡検査を受けてみました!(体験談)